権限は2種類。

ページ側が持つ
これが無ければ鍵は無駄になり、誰にも何も許可されないので、錠というより「鍵穴」のほうが正しそう。錠はあらかじめ施錠されている。
利用者が持つ

権限名はユースケース名。フレームワーク/WikiEngineが定義する。
運用中にユースケースを導入すれば新しい権限錠と鍵)をしかるべきページに書かなければならない。

ひとつのユースケースに対応する錠は全て外さなければならない。通常はひとつしか設定されていないはずだけど。実際にはユースケースクラスの権限判定次第。

:Done/権限について再再考権限のまとめ。


錠はページのもの Edit

ページ以外のものに錠をかけるなら独自に似たもの(錠ではない何か)を作る。それを表すページ属性領域にでも要求する権限(鍵)を書いておいて。それをどう扱うかはコード次第。実装内のクラス別に設定ページを用意するということ。

:i/クラスごとにページを
通常の錠はページクラスの設定ということになる(が、すべてのページに必要な設定なのでクラスごとのページにはしない)

ページ名を見る権限 Edit

逆リンクであってもそのページを閲覧する権限が必要。ページ名ページ/内容の1行目なので内容と同等。
自動リンクの場合、ページ名はもう書かれているのでリンクにしないだけ。

:i/常にサブセットWiki
実装では閲覧権限のあるページだけのサブセットWikiにする。その中で逆リンク自動リンクを生成。

:i/権限を判定するケース Edit

:Done/ページ自動更新時の権限 Edit

:/自動生成ページにアクセス権は引き継がれる
自動更新するなら権限不要にしないとおかしい。
自動更新にするための権限なら必要。それは拡張機能の導入権限

:i/ロールと権限の違い Edit

ロールは「→:権限セット」と呼ぶことにした。それを運用で「ロール」と呼んでもいい。

権限セット Edit

権限をまとめたもの。権限と同じ使い方ができる。権限ページ/属性権限セットはページ権限セットに書いた権限は、他の権限セットに継承可能。

:Done/権限の継承について再考 Edit