機能の実装。ほとんどのプラグインページ/要素。拡張の要。


  1. :t/要素より
    1. URLクエリー
      1. :/検索式を使う検索
    2. いろいろなページ/要素
      1. :i/レイアウト要素
    3. 未分類
      1. :i/時刻だけ書いたら同じページに書かれている日付を加味
      2. :i/投稿時展開する記法は要らない
      3. :i/階層化ページ名がタグなら一覧化しないと
      4. :/HTMLコンテナー
      5. :/HTML変換の内部処理
      6. :/WikiEngineから機能の呼び出し
      7. :/データアクセスとは
      8. :/ブロック要素は段落単位で
      9. :/プラグインが使えるフック
      10. :/ページ全体も要素
      11. :/ページ属性の型は文字列だけ
      12. :/機能/API/オブジェクト取得API
      13. :/機能/API/トリガー2種類
      14. :/機能/API/バージョン
      15. :/機能/APIとは
      16. :/継承対応要素
      17. :/要素からWikiEngineインスタンスを起動可能
      18. :/解釈をはさんだ検索
      19. :Done/2つ呼ぶ記法
      20. :Done/クライアント側にサービス側オブジェクトのProxyを作るには
      21. :Done/グローバルオブジェクトを書き換える機能
      22. :/セレクターは属性値デコレーションに使えない
      23. :Done/ページセット取得記法とエレメント取得記法
      24. :Done/ページ型/スレッド/データコンテキスト/記法定義をまとめて設計[?]
      25. :Done/履歴はオブジェクト形式で?
      26. :Done/検索はクエリーとページの類似度判定
      27. :Done/検索フォーマットは機能を呼ぶか
      28. :Done/目次に出したいだけの見出しはどう書くか
      29. :Done/要素がアクティブなWiki/Page/Userを得るには
      30. :Done/記法の衝突対策
      31. :Done/タグとは何か
      32. :i/APIリファレンスはページ
      33. :i/LTSV→テーブル
      34. :i/ToWikitextはそのまま返す
      35. :i/Tokenize対象はNotationText
      36. :i/UIからの呼び出し方法2種
      37. :i/UIを使うページ要素
      38. :i/UI要素
      39. :i/URIは内部型を含むラッパー
      40. :i/URIを解析して異なるページ要素に渡す仕組み
      41. :i/URLクエリーは一時的ページ
      42. :i/class属性を付けるならそれごと記法として実装
      43. :i/to…は複数指定
      44. :i/「Wiki記法」の削減
      45. :i/おとなりページ
      46. :i/ここからの目次
      47. :i/なにかのカウンター
      48. :i/インライン/ブロック/ページの3スコープ → ページ/ラインの2スコープ
      49. :i/オブジェクトにUIを持たせる
      50. :i/クエリーにどう反応するか
      51. :i/データの保存先指定
      52. :i/ハブとして機能する要素
      53. :i/ファセットを並べるだけでなく集計もしたい
      54. :i/ファセット分類
      55. :i/ファセット化の対象は専用のメタデータ
      56. :i/フォーム要素
      57. :i/ブロック要素/インライン要素を区別しない
      58. :i/プラグイン内でプラグインを呼び出すために
      59. :i/プラグイン要素は記法
      60. :i/プレビューの集め方
      61. :i/プレースホルダー記法
      62. :i/プログラムコードを記述するには
      63. :i/プロセス起動ごとに呼ばれる要素
      64. :i/ページ──要素間はコンポジションに
      65. :i/ページとは
      66. :i/ページと他オブジェクトとの関わり合い
      67. :i/ページと要素は似ている
      68. :i/ページのイテレーター
      69. :i/ページは…
      70. :i/ページは要素でもある
      71. :i/ページは要素のインターフェイス
      72. :i/ページは要素のコンポジション
      73. :i/ページ内容がオブジェクト構成を表す
      74. :i/ページ要素のUI
      75. :i/ページ要素間のつながり
      76. :i/ページ要素間の連携方法
      77. :i/メタタグになる要素
      78. :i/ユースケースに即席ページを
      79. :i/リンクは種別によって見せ方を変える
      80. :i/ローカライズに関西弁や語尾に何かを付ける方言も
      81. :i/一行テキスト
      82. :i/下位展開範囲のスレッドを統合するもの
      83. :i/何かのカウンター
      84. :i/全ページの属性を一覧化して書き換え
      85. :i/名前の同一視
      86. :i/型別一覧
      87. :i/大抵のHTMLはテンプレートで
      88. :i/改行は要素
      89. :i/文字列からの型変換はExcelでもやっている
      90. :i/日付に経過日数
      91. :i/検索で共起要素を探すには
      92. :i/検索式は1つの要素で
      93. :i/検索用テキストを作るならページ要素で
      94. :i/検索語にスケール指定を [#u3c753

:t/要素より Edit

URLクエリー Edit

:/検索式を使う検索 Edit

利用するユースケースクラスによってはURLクエリーがページと同じになる。ページとの違いはデータコンテキストの違いだけ。呼ばれたページに含まれるページ/要素は、URLクエリーからデータを引き出すことになる。

あるユースケースでは、URLクエリー上で一時的なページを作れる。レスポンスにはそのページが載る。複数のページをひとつのレスポンスにまとめたりできる。

いろいろなページ/要素 Edit

:i/レイアウト要素 Edit

随時作ればいい。
スタイルを与えるだけのもの。あるいは入口と出口の要素を分けて、出口をテンプレート内に配置。入口はページ本文で後から追加。入口の内容が出口にだけ表示される。

未分類 Edit

:i/時刻だけ書いたら同じページに書かれている日付を加味 Edit

その要素自身の機能で。

:i/投稿時展開する記法は要らない Edit

:i/階層化ページ名がタグなら一覧化しないと Edit

:/HTMLコンテナー Edit

:/HTML変換の内部処理 Edit

:/WikiEngineから機能の呼び出し Edit

:/データアクセスとは Edit

:/ブロック要素は段落単位で Edit

:/プラグインが使えるフック Edit

:/ページ全体も要素 Edit

:/ページ属性の型は文字列だけ Edit

:/機能/API/オブジェクト取得API Edit

:/機能/API/トリガー2種類 Edit

:/機能/API/バージョン Edit

:/機能/APIとは Edit

:/継承対応要素 Edit

:/要素からWikiEngineインスタンスを起動可能 Edit

:/解釈をはさんだ検索 Edit

:Done/2つ呼ぶ記法 Edit

:Done/クライアント側にサービス側オブジェクトのProxyを作るには Edit

:Done/グローバルオブジェクトを書き換える機能 Edit

:/セレクターは属性値デコレーションに使えない Edit

:Done/ページセット取得記法とエレメント取得記法 Edit

:Done/ページ型/スレッド/データコンテキスト/記法定義をまとめて設計[?] Edit

:Done/履歴はオブジェクト形式で? Edit

:Done/検索はクエリーとページの類似度判定 Edit

:Done/検索フォーマットは機能を呼ぶか Edit

:Done/目次に出したいだけの見出しはどう書くか Edit

:Done/要素がアクティブなWiki/Page/Userを得るには Edit

:Done/記法の衝突対策 Edit

:Done/タグとは何か Edit

:i/APIリファレンスはページ Edit

:i/LTSV→テーブル Edit

:i/ToWikitextはそのまま返す Edit

:i/Tokenize対象はNotationText Edit

:i/UIからの呼び出し方法2種 Edit

:i/UIを使うページ要素 Edit

:i/UI要素 Edit

:i/URIは内部型を含むラッパー Edit

:i/URIを解析して異なるページ要素に渡す仕組み Edit

:i/URLクエリーは一時的ページ Edit

:i/class属性を付けるならそれごと記法として実装 Edit

:i/to…は複数指定 Edit

:i/「Wiki記法」の削減 Edit

:i/おとなりページ Edit

:i/ここからの目次 Edit

:i/なにかのカウンター Edit

:i/インライン/ブロック/ページの3スコープ → ページ/ラインの2スコープ Edit

:i/オブジェクトにUIを持たせる Edit

:i/クエリーにどう反応するか Edit

:i/データの保存先指定 Edit

:i/ハブとして機能する要素 Edit

:i/ファセットを並べるだけでなく集計もしたい Edit

:i/ファセット分類 Edit

:i/ファセット化の対象は専用のメタデータ Edit

:i/フォーム要素 Edit

:i/ブロック要素/インライン要素を区別しない Edit

:i/プラグイン内でプラグインを呼び出すために Edit

:i/プラグイン要素は記法 Edit

:i/プレビューの集め方 Edit

:i/プレースホルダー記法 Edit

:i/プログラムコードを記述するには Edit

:i/プロセス起動ごとに呼ばれる要素 Edit

:i/ページ──要素間はコンポジションに Edit

:i/ページとは Edit

:i/ページと他オブジェクトとの関わり合い Edit

:i/ページと要素は似ている Edit

:i/ページのイテレーター Edit

:i/ページは… Edit

:i/ページは要素でもある Edit

:i/ページは要素のインターフェイス Edit

:i/ページは要素のコンポジション Edit

:i/ページ内容がオブジェクト構成を表す Edit

:i/ページ要素のUI Edit

:i/ページ要素間のつながり Edit

:i/ページ要素間の連携方法 Edit

:i/メタタグになる要素 Edit

:i/ユースケースに即席ページを Edit

:i/リンクは種別によって見せ方を変える Edit

:i/ローカライズに関西弁や語尾に何かを付ける方言も Edit

:i/一行テキスト Edit

:i/下位展開範囲のスレッドを統合するもの Edit

:i/何かのカウンター Edit

:i/全ページの属性を一覧化して書き換え Edit

:i/名前の同一視 Edit

:i/型別一覧 Edit

:i/大抵のHTMLはテンプレートで Edit

:i/改行は要素 Edit

:i/文字列からの型変換はExcelでもやっている Edit

:i/日付に経過日数 Edit

:i/検索で共起要素を探すには Edit

:i/検索式は1つの要素で Edit

:i/検索用テキストを作るならページ要素で Edit

:i/検索語にスケール指定を [#u3c753 Edit