細切れドキュメント同名ページの仕様が衝突しそう Edit

同名ページを作るときも、見出しは下位ページになる。
ページ作成編集では、ページ/内容を細切れにしてから同名ページの処理をすることになる。
とすれば、その下位ページは他の同名ページの下位としても扱われるのでは?
利用者からすると、同名ページを書いたはずなのに、既存ページ見出し以下(既存ページの下位ページ)を書き換えたような感じになってしまう。→ それでいい。見出し以下の同名ページを作ることになる。複数のページを書き換えるのと同じこと。

新しいページ統合編集で書こうとすると、見出し(下位ページ)が既に編集欄に書き込まれている状態になる?
→ フォーカスを移したりカーソル移動するだけといった操作で、シームレスに編集対象を変えられるなら、見出しごとの編集でいい。統合編集を却下。
→ あるいは、統合編集は他のWikiEngineに似せるための機能なので、統合編集では(他のWikiEngineで書けないように)投票無用で書いた通りに残ることにする。下位展開範囲に何か書かれていても無いものとする。他のWikiEngine同様に、後から取り戻せれば問題ないという考え。
→ ならない。他のWikiエンジンと異なり、新しいページページ/編集にはなり得ず、同名ページを作るものになる。ページ/作成は必ず空欄に書くことになる。

同名ページの作成は、多数の下位ページ同名ページを一度に作ることにもなる。この点は分かりにくいのでは?
→ これは統合編集の場合のみ。通常は見出しごとの編集なので分かりにくくならない。投票によって既存ページが優先されるので、他者から見えるページがすぐに変わるわけではない。この点も他の場合の編集と同じ。

自分で自分のページを隠してしまう問題 Edit

自分で気付かずに既存ページと同じ名前のページ同名ページ)を作ってしまうと、自分で自分のページを隠してしまったり、今書いたページが見えず、既存ページしか見えないことになる。
既存WikiEngineでは、同名ページではなく既存ページ編集になる操作。Xでは同名ページを作成する操作になるので、既存ページを隠して同名ページを書くことになる。

この問題を避けるためには、同じ利用者が書いたページは隠さずに既存ページにつなげる…というのは無理がある。
Wikiなので、誰が書いたかは考慮できない。

新規作成したページならまだしも、既存ページの作成者というのははっきりしない場合があるので、判定は無理。
何かメッセージと選択肢を出すくらいしかできない。

操作の流れが同じなので、同名ページがあると分かった時点で、利用者に知らせて、利用者が選択できるようにするしかない。
→ とりあえず同名ページにしておいて、同名ページページ/統合ができるようにすればいい。


ページ名だけを先に尋ねれば、既存ページの追記にしつつ「別の〇〇を書きますか?」と問うことができる。(はてなキーワードのように)

見出しごとの(ページ/内容だけの)編集の操作と、統合編集の操作を揃えないと使いにくくなってしまう。ので、見出しごとの編集も既存ページ編集にする。そこから一手間かけて同名の見出し同名ページ)を新しく作れるようにする。例えば「別の(見出し)を書きますか?」というリンクを開いて。

統合編集同名ページの仕様が衝突しそうでしない Edit

同名ページ見出しごとのもの。2つ以上の見出しを含まないし、下位ページを含まない。
細切れドキュメントは下位ページを集めたり、ひとつのページを多数の下位ページに分割するもの。

見出しごと編集見出しを書いても問題なし Edit

見出しごとの(統合編集でない)編集方法で、見出しを書いてしまったとき、下位ページを作るわけにはいかない?
下位展開設定により、下位ページが全階層ぶん編集欄にあるとは限らない。
→ 問題ない。編集ページの下位ページにする。素直に実装すればいい。