一般的にはよそのWikiに同名ページがあればリンクする機能。
相手のシステムによってどうなるか異なる。

あっち側もXの場合、SisterWikiになる。
通知自動リンクフォーク機能を提供。

同名ページを自動的に作るのがいい。あとで書き換え。

仕様 Edit

よそのサイトにあるページ名自動リンク。そのリンク先はこっちのWiki。閲覧時に表示されるのはこっちのWikiのスタイル+あっちのページ内容(+オリジナルページへのリンク)。存在しないページをそれと気付かせずに見せる。編集時にはフォークして派生を作ることになる。
派生時にはあっちに通知

設計 Edit

実装はSisterWikiページというページ/型SisterWikiにあるページを自動的/定期的にインポートページの実装がSisterWikiページになる。
SisterWikiページ編集するとフォークになるのは通常の編集と同じ。それを派生元の編集者に通知するにはどうするか。
→ Wiki間の接点はインポート時。次回インポート時にあっち側にSisterWikiページの複製(第2のSisterWikiページ)を作ってもらう。こっち側にあっち側の編集者は分からないし、あっち側の情報を更新することも出来ないので、SisterWikiのためのページ/型を拡張点にする。

自動リンク対象になるので、WikiのいずれのページからでもSisterWiki(からインポートしたページ)へリンク可能に。
インポートしたページからはインポート元(SisterWikiにあるオリジナルページ)へリンク

SisterWikiインポート元)はWikiの設定にある情報。
登録できるのは同一Wikiにあるスペースや、よそのWikiにあるスペースSisterWikiと呼びつつスペースが対象になる。
インポートは定期的に。自動で。


Wiki以外からでもできそうだけど、リンクできそうな名前は付けられてないだろうからWiki限定で。
主従関係があって、一方的な同期。従側は読み取り専用。編集しようとすると主側のWiki/スペースに飛ぶことになる。
インポートがよそのサイトの情報をコピペする程度の手間でできて、同じ手間で削除できれば実用的。

相手が異なるWikiシステムの場合 Edit

SisterWikiにならない。自動リンクだけ。
通知(こっち側からあっち側への情報提供)は不可能。フォーク通知と抱き合わせにするのでこれも不可能。
フォークが不可能ならSisterWikiページは不要。ページ名だけを保持して、あっち側のWikiへ飛ぶ自動リンクだけを作る。

ページを作らずに自動リンクするAutoAliasを自動的に作るだけ。

相手が非Wikiの場合 Edit

SisterWikiにならない。自動リンクだけ。
ページ名だけを保持。複製(SisterWikiページ)は作らず、自動リンクがあっち側のオリジナルページへ飛ぶものになる。

相手がWikiでも非Wikiとして登録できる。

ページタイトルにリンク。相手サイト別に置換ルールを決めて、ページタイトルの一部を置き換えてからAutoAliasに加える。

使い道 Edit