全文検索とは違う検索方法のためのアイデア。

全文検索では不足 Edit

検索処理の欠点

ヒット数0件の場合は別に考えたほうがいい。0件は全件と同等。検索ではなく一覧から情報を探す方法が適用できるはず。

検索0件は全件と同等。フィルタリングさえしなければ、検索結果は一覧として利用できる。→:i/一覧を探すには

:i/情報を扱えるシステム Edit

欲しいものを直接見つけられるように。書くときに工夫不要、探すときも工夫不要。書きたいことだけを書いて、探したいことを探せるように。

ファセット分類と組み合わせて Edit

検索結果0件の場合は→:i/一覧を探すには

検索のほうで何件かヒットした場合について。その条件を曖昧にするのはファセット分類で。
検索語をファセット!!検索にヒット」または「特定の言葉を含む」というファセットに。
検索にヒットしたページに含まれるファセット項目をファセット分類のUI上で全てON。ファセット項目の和集合。検索結果は変わらないがヒットしたページの分析ができる。検索語がこのWikiの中でどんな関わりを持っているかが見えるようになる。
ONになったファセット項目をいくつかOFFにすると、条件が緩くなる。「検索にヒット」の項目もOFFにできるように。この項目は元からONになってなくていい。検索結果がファセットでの絞り込みになる(しかも調節可能)。

もしかしたら目的のページが見つかるかも。


でもまだ検索用データの検索でしかない。書くときに意図しなかったとしても。
ファセット記法から作ったページ/要素。字面だけでなく意味を含んではいるので、データでなく情報を探すという目的は半分達成できそう。