例えばスレッドモード順不同パスページを使いつつツリー構造にするには。
下位展開の順序と同じ仕組みでいい。ドキュメントモードと同じ。

名前には…

…を含める。

  • 1
    • 1-1
    • 1-2
  • 2
/ページA/スレッド/(適当なIDその1)
/ページA/スレッド/(適当なIDその1)/(適当なIDその1-1)
/ページA/スレッド/(適当なIDその1)/(適当なIDその1-2)
/ページA/スレッド/(適当なIDその2)
※順不同なので、語順が変わっても同値。

/ページA/スレッド/1 を探せば下位の 1-1 と 1-2 が見つかる。
1-1と1-2の順序は1-2に含まれる「少なくとも1-1よりは後」という情報で決まる。
:i/下位展開での順序は「…よりは前」

唯一のルートから下位方向に並べるので、順不同パスでの親が複数存在する問題を無視できる。