RIGHT:[[:t/プラグイン]] [[:t/開発]] [[:t/管理]] [[:t/Wiki]] [[:t/要素]] [[☆]]

機能追加の仕組みと追加されるもの。ひとつのプラグインにはページ/要素などが複数含まれる。
プラグインを使う仕組みについて。個々のプラグインはあとで。
→ [[ビルトイン]]

→ [[X/Plugins]]

----

#contents

*プラグイン [#jad866ee]

// まとめ



*[[:t/プラグイン]]より [#rc516548]

**未分類 [#gc6984d5]

*** [[:i/プラグインが呼ばれるのはデータとコードが結びつくところ]] [#ue8fedc2]



**プラグインとビルトイン [#p16ca4df]
プラグインはページ/要素などのプラグイン版。反対がビルトイン。プラグインという型があるのではない。



***ページ/要素のプラグインとビルトイン [#jc0d4493]
プラグイン要素には記法が無い。必要なら運用側で設定するか、汎用記法で書く。
ビルトイン要素には最初から記法がある。複数。運用側が追加することもできるがデフォルト記法は有効なまま。

**導入方法と除去方法 [#xd5fa5cc]



***導入は「置いて書く」 [#h816a753]
RIGHT:[[:t/プラグイン]] [[:t/管理]] [[:t/設定]] [[:t/組み立て]]

+サーバーにファイルを置く
所定のディレクトリ以下にプラグインごとのサブディレクトリ。そこに配布されてるディレクトリごと。
そのプラグインの設定ページにアクセスできるようになる。
+設定ページ作成
プラグインによっては不要。ページ/名前は''フレームワークによって''決まっている。
+記法定義に追加


これで使えるように。ただし汎用記法で呼び出すなら記法定義は要らない。
他に必要なことがあれば、この後にメッセージが見えるように。

機能の出力がメッセージになるか、プラグイン一覧かプラグインページにメッセージ出力。

管理者だけが読めるメッセージにしたいときは?
管理者宛の親展メッセージにできればいい。呼ばれるたびに送信。数を制限するならプラグインが自粛。



***除去は「削除して呼び出しをやめる」 [#a958ca64]
RIGHT:[[:t/プラグイン]] [[:t/管理]] [[:t/設定]]

-ファイル削除
ディレクトリーごと。
設定ページは自動削除かゴミと化したまま残る。設定も利用者のデータなので消してはいけないという考え方もある。
-呼び出しをやめるか、代替プラグインを置く
検索で探して、編集。
代替プラグインは「何もしないプラグイン」。名前を除去したプラグインと同じにして導入するか、要らなくなった記法をこのプラグインに関連付ける。
呼び出している記述を消費して見えなくするだけのもの。



*プラグイン/ [#q5db8bb6]
- [[プラグインでやること]]

#ls