Googleツールバーサイドウィキやソーシャルアノテーションのようによそのサイト示中、そのURLに対応するページ示するWebブラウザー拡張。
これをそのサイトにかぶせて示。

文字列検索でアンカーを作って、対象ページ上のどのあたりについてのコメントかを現。
引用とコメントの対を記録。
対象ページ上でコメントがついている箇所は強調示。か吹き出しアイコンでも出しておく。


そのほか、Wikiのコメント記録ページへのリンクコメント示、コメント投稿欄、コメント一覧→クリックしてその箇所示。

方法 Edit

URIと同名のページを作って、引用してコメント追加。できれば引用はスクリーンショットでも。

URIを開いているとき、対応するページをすぐ見られるように。