ページ/名前ひとつに対して複数あるID。システム内部で使う名前。
内部名」よりも「ページID」としたほうが分かりやすそう。ページインスタンスのID。

同じ内部名を持つページは複数あるので、内部名だけではページ実体の特定はできない。同名ページが複数あっても内部名で区別できる。内部名ページ/履歴のIDなのでページ編集しても引き継がれるけど、フォークでは引き継がれない。
ページ名が変更されてもこちらは変更しない。

見解は変更されることが無いので、そのまま内部名の一部にしてもいいかも。

ページ名:見解f12o:0 → E3839AE383BCE382B8-f12o-0

…みたいに。

見解IDも番号もページIDには依存しない。
番号は見解IDに依存するので、だけを他の見解に移動することが可能なら番号を付け直す必要がある。

  • そのままファイル名などに利用できる文字列
  • ページ名変更しても変わらない名前
  • 同じ名前のページが複数あっても、内部名で区別できる
    ページIDでなら区別できる。

内部名利用者に見せない。パーマリンク特定版リンク)では見せる。

:i/やっぱり外部名と内部名は一対一 Edit

外部名 1←→* 内部名 1←→1 ページID 1←→* 特定ID (数字は多重度)

…では?同名ページすべてのページ名を変えるとは限らないので。
そして内部名ページIDと同一。一方を省略可能。

→ で、こうなる。

外部名 1←→* 内部名ページインスタンスのID) 1←→* 特定ID (数字は多重度)

ページを参照するのに必要なのは特定ID。
内部名ページ名変更で明示的リンクを維持するためのもの。(明示的リンクページ名で指定されるので、内部名に変換して保存)

実装 Edit

内部名永続化キーそのもの。ページ/履歴のひとつでもある。

内部名ページ名に対応するもの。同名ページは複数あるので特定のページが持っていてはいけない情報。

:Done/内部名のフォーマット Edit

内部名に含めない?
違いを管理せずとも内部名が分かるようになるが、必要ない。