はてなブックマークのタグ絞り込みのように、階層化したページ名は/A/B/Pageでも/Page/A/Bでも/B/A/Pageでもどうでもいい。というルール。
利用者から見れば単語の順序を順不同にしても意味は変わらない。
階層化の分かりにくさに対処。

自動リンクなどで使用。リンクし損ねるのを防ぎ、プレビュー回数を減らす。

順序は投稿時ではなく閲覧時に決まる。どういうリンクページを開いたか、つまりリンク次第。

閲覧時に順序が決まる Edit

順不同パスは閲覧時に順序が決まるもの。(順序を決めないと表示できない)
トピックパスも閲覧時に順序が決まることになる。元はそのページを開いた時のリンク。つまりトピックパス上の順序はどういうリンクを作るか(どういうWikiを構築するか)による。同じパスを異なる視点で見せられる…文脈を反映した順序で見せられる。

…というのはWikiが分かりにくい原因。編集で順序付けしたほうが分かりやすくなる。

Wikiページ間のグラフ構造は迷いやすい(というより迷うのを気にしないこと)。ツリー構造ならどのページにも上位があるので、方向が分かり迷いにくい。

順不同パスでもページ間の上位/下位関係を決められるので、分かりやすくすることができそう。あとは同階層同士で順序付け(前後関係付け)ができれば十分。

1つ上/1つ下 Edit

パスに含まれる単語を1つ除けば1レベル上位。
逆に1つ付け加えると1レベル下位。

階層レベルは含まれる語の数。ルートはレベル0。


例えば ページ/編集/UIページ編集UIページ/編集ページ/UI編集/UIルートページ のすべての下位に位置する。

ページ/編集/UIの…

  1. 1つ上
    ページ/編集ページ/UI編集/UI
  2. 2つ上
    ページ編集UI
  3. 3つ上
    ルートページ

順不同パスはツリーではない Edit

同じ距離に親が複数あるのでツリー化はできない。
一世代上の親でさえ複数存在する。

/A/B/Pageがあるからといって/Aや/A/B(/B/Aと同一)が存在するとは限らない。

順不同パスの適用例 Edit

/ショップ/武器/片手剣/課金/レベル制限あり/コメント

…のような順番が意味不明な階層構造で…

/武器/ショップ/片手剣

…というページ名を書けば「/ショップ/武器/片手剣」へのリンクになる。

また、閲覧ビューの機能と合わせると「/ショップ/武器/片手剣」以下のページがすべてまとめて表示される。
深い階層まで書くとそれだけ絞り込みになる。

順不同パス Edit

ページ一覧では時系列順か記述順にする。

記述順は各見出し(各ページ)に前後見出し(前後ページ)を記録することで実現。双方向リスト。

1つので使用するだけのデータなので、見解に含めることができる?ひとつの階層内には収まっているが、複数ページに渡って共有されるデータ。

矛盾が生じたら適宜修正。重複したら小さなズレで済むように並べ替え。リストに含まれない見出しはパスからあり得る位置のうち、最後尾にでも追加しておく。

順不同パス Edit

名前順一覧が難しいならそういう一覧は無くていい。