メタページ

メタページ

曖昧さ回避ページ」の役目を果たし、いろいろなページに曖昧にリンクするページ
実体がなく、動的に生成され、ページ同士の関連付けをむやみやたらと行なう。
検索結果を豪華にするときのホットスポット。

「自動化」の不都合を吸収するもの。

メタページあるいは「もしかして」ページ検索語のサジェストなんかもここに表示。検索語入力欄の下にサジェストを出すならデータアクセスメタページの一部を表示。

どのページにも最初からある見解??

検索でヒット0件のときに見えるページ。多数ヒットしたときでもページ一覧の中にメタページを入れておく。


:i/外部からのリンクはメタページで追従 Edit

メタページでは古い外部名を現在の外部名にマッピング。リダイレクト
外部名の変更履歴を辿るよりも内部名を介したほうが速い。複数のページが該当していい。メタページ上で利用者に見せる。

内部名も(内容も)異なる別のページになっているなら、そのままリダイレクトせず見せる。それが今のその(外部名を持つ)ページなので。
→ :ToDo/外部名1つには複数の内部名が対応する[?]

機能 Edit

例えばあるキーワードについての情報収集ページ
特殊で動的なリンク集。
曖昧リンクリンク先。MediaWikiでの「曖昧さ回避ページ」。
切れたリンクでよそのサイトから来た人にとってのランディングページ
その他ざっくりと情報を集めたページ

ページ名変更履歴を追跡 Edit

曖昧さ回避ページではページ名変更履歴を追跡。

曖昧なBracketNameと曖昧さ回避のページ Edit

アイデアを集約するため、存在しないBracketName(つまりDanglingLink)は曖昧さ回避ページへつなぐ。リンク先が複数ある自動リンクも同様に。
(BracketNameや自動リンクリンク先が0だったり複数のとき)
曖昧さ回避ページには近いページ名と(新規作成のための)そのままのBracketNameリンクを。

どんなリンクを含むかはBracketNameから曖昧なリンクを作る機能次第。
曖昧なリンク→実在するページ名の集合(ページセット)→曖昧さ回避ページの各要素が解釈、解決策を利用者に提示。
このページの定義もページにして、機能を追加・変更できるように。

曖昧な検索の結果も含む。
検索機能自体を曖昧対応に。

実装上はページ定義とリンク。詳しくは→リンク

自動リンクでもメタページへのリンクになることが Edit

自動リンク

DanglingLinkの機能はこのページ Edit

メタページページ作成リンクを用意。
DanglingLink編集ビューよりも、他の存在するページと同様に閲覧ビューになる。関連情報は出ている。
操作のが統一されるし、リンククリックで編集(ドキュメントに影響を与える操作)という敷居の高い操作になるのを避けられる。

リンク切れ対策 Edit

見出しの変更でアンカーが切れても、リクエストされたページの先頭は表示される。
ページ名の変更でリンクが切れても、ページ名の一部が残っていればこのページから新しいページ名が分かる。

内部名を使ったパーマリンクもあるし。

なんらかの理由でリンクが切れてしまったページへの導線になるように。
Wiki内のリンクリンク先URL変更に追従できるけど、Wikiの外からのリンクはどうにもできないので。メタページに頼ることになる。

ページ作成 Edit

探してる言葉をページ名にして、ページ作成しやすいように。ページを作ってしまえば次から見つかるよね。という発想と、書き込み場所探しをしているときはそれが便利なのが理由。

:i/メタページは404ページの代用 Edit

ページ名変更履歴を追跡 Edit

ページ要素にはページ名変更履歴の追跡機能も含めて。
ページ名変更履歴データアクセス、曖昧さ解決候補を旧名称から検索、新名称を得る。…を多段階、現在の名称を得る。
利用者リンクを提示できればいい。

リンク要素が行なうので、メタページでは扱わない。