機能追加の仕組みと追加されるもの。ひとつのプラグインにはページ/要素などが複数含まれる。
プラグインを使う仕組みについて。個々のプラグインあとで
ビルトイン

X/Plugins


プラグイン Edit

:t/プラグインより Edit

未分類 Edit

:i/プラグインが呼ばれるのはデータとコードが結びつくところ Edit

プラグインビルトイン Edit

プラグインページ/要素などのプラグイン。反対がビルトインプラグインというがあるのではない。

ページ/要素プラグインビルトイン Edit

プラグイン要素には記法が無い。必要なら運用側で設定するか、汎用記法で書く。
ビルトイン要素には最初から記法がある。複数。運用側が追加することもできるがデフォルト記法は有効なまま。

導入方法と除去方法 Edit

導入は「置いて書く」 Edit

  1. サーバーにファイルを置く
    所定のディレクトリ以下にプラグインごとのサブディレクトリ。そこに配布されてるディレクトリごと。
    そのプラグイン設定ページにアクセスできるようになる。
  2. 設定ページ作成
    プラグインによっては不要。ページ/名前フレームワークによって決まっている。
  3. 記法定義に追加

これで使えるように。ただし汎用記法で呼び出すなら記法定義は要らない。
他に必要なことがあれば、この後にメッセージが見えるように。

機能の出力がメッセージになるか、プラグイン一覧かプラグインページメッセージ出力。

管理者だけが読めるメッセージにしたいときは?
管理者宛の親展メッセージできればいい。呼ばれるたびに送信。数を制限するならプラグインが自粛。

除去は「削除して呼び出しをやめる」 Edit

プラグイン/ Edit

  • プラグインでやること[?]