フレームワーク/Webアプリケーションの実装案。


クライアントからのリクエストを処理 Edit

リクエスト Edit

リクエストはXHRで Edit

何よりも先にクライアントを専用アプリ化。
クエリーパラメーターはクライアント側コードを通してXHRでサーバーへ。

全てURIで Edit

ページ名と要素部分はフレームワーク/WikiEngineでやること
ここで行うのはそれ以前まで。

フレームワーク/WikiEngine呼び出し Edit

リクエストをフレームワーク/WikiEngineに渡す。

レスポンス Edit

ログイン→HTTP_REFERERにリダイレクト Edit

ログイン後はHTTP_REFERRERのページへ。リファラーが同一ドメインでないなら既定のURIへ。 → :i/フレームワークの実装案

:i/フレームワーク/WikiEngineからの出力をレスポンスにする Edit

認証 Edit

ログインログアウト Edit

オープン認証なんかはWikiEngineよりもこちらで。→WikiEngineは外からユーザーオブジェクトを受け入れることになる。
ログアウトも?

ユーザーオブジェクトの用意 Edit

認証済みユーザーオブジェクトを作る。作るのと破棄だけ。
内容はフレームワーク/WikiEngineが与える。内容がページになっているので。

:i/アカウントの有効期限 Edit

セッションの維持・管理 Edit

ページ/セッション[?]の基礎。ページ/要素が扱うのはページでできたセッション領域のほう。

セッションを用意。
ページ/要素その他からのアクセスに応える。

エラー対処 Edit

5xx Internal Errorの対処。

:i/リクエスト再送はフレームワークで Edit

利用者の情報損失を防ぐ。リトライ可能に。使いにくくなるのを防ぐ。

:i/エラーメッセージにクラス名 Edit

:i/エラーページにクエリーを Edit

HTTPのGETメソッドのときは…URLをデコードして表示するなら意味がある。

:i/出力の統合はどうやるか? Edit

フレームワーク/WikiEngineから呼ばれて Edit

設定 Edit

:i/Webアプリの設定はWikiページに書けない Edit

ログ Edit

最適化 Edit

メモ化 Edit

多段メモ化

そのほか Edit

:i/疑似言語とPerlでフレームワーク Edit