OAuth情報と、パラメーターのリクエスト化と、レスポンスのページ化を提供できればどこのAPIでも活用できるようになる。得た情報はデータアクセスで活用。XのAPIで再提供可能になる。各API向けのプラグインを作成。プラグイン権限設定プラグインページに書く)により情報を非公開にできる。

パラメーターの与え方 Edit

ページ/要素への与え方そのもの。記法で与えるかURLパラメーターに書く。
OAuthのプライベートキーも非公開ページに書いておける。