A --(好き)-> B
A <-(無関心)-- B

…が現できる:i/関連対

関連名は単方向だけど、これで逆方向の関連名までまとめて現。相手側のページにも同じ関連対を書けるので、矛盾も現できてしまう。

関連名と同名のページがあるとして、「好き」のページと「無関心」のページを…

好き --(片思い)-> 無関心

…のようにリンクして関連名を付ける。これで逆方向(無関心から好きへの)の片思われ関連も定義したことに。

これは関連名グループ化。定義を増やして3つ組(3通り×2方向)、4つ組(6通り×2方向)でも同様に。上位ページグループす。関連を扱うとき、それをページの下位ページも同等に扱う。

関連の関連」は普通の関連と同じ手順で作る。


…を現できる。


これは条件式2つの組み合わせでは不可能な定義。条件式だと…

A --(好き)-> ? <-(無関心)-- B

…な、第三者しか現できない。