MVCのViewについて。
リクエストではユースケースビューを別々に指定。
組み合わせが合わない場合はビューに動的データが示されないだけ。組み合わせはURIで指定するので利用者が選ぶわけではない。

usecase=USECASE.STEP&view=VIEW
usecase=edit.3&view=editors_reading_view

…など。

ユースケースではメッセージを1つ返す程度の処理を。ビューではユースケースで生じたメッセージと特定ビュー向けのデータを埋め込んだWebページを1つ返すことを実施。1つずつなのは複数やっても使い道が無いから。複数やって意味があるなら複数のユースケースを処理して途中の出力は全て連結、1つのビューに渡すようなやり方でもいい。

全てのビューにはメッセージくらいは入れられるようにメッセージ出力用のバルーン(と、デバッグ出力用の非示領域)を用意。仕組みは通常の動的データ枠と一緒。どのビューでも共通している点が特徴。