短縮URLは短くすることよりも読めるように。要するにいらない
代わりにページ名の読みがなをローマ字記にしたリンクを。

%エンコードはデコードできるので、同じ言語圏向けに読みやすく示できる。これも必要。1つのページに2つのURIを作る。(読みがなが無い場合は%エンコードのだけ)