公共Wikiで利用者個人のページを作る。ドラフト。草稿。あるいはsage進行。Wikipediaでは名前空間を利用して実現している(スタブ記事とは別)。


下書き Edit

検索を含めて普通に操作。でも検索結果以外の一覧には出ないしリンクもされない。ニュースフィードにも載らない。関連情報やつなぎ・まとめの機能の対象外になる。ページを直接指定すれば見えるけど、下位展開は拒否する(下位展開ビューでは見えない)。
ただ、閲覧時に誰にも見えない。
草稿と同様に、外部の検索エンジンにはnoindexを要求。(nofollowは不要?)


要するにページ/名前を参照不可能にする機能。

ページ名が競合する問題 Edit

ページ名はある。下書きページ作成の邪魔にならないように見解の仕組みと統合する必要がある
通常は既存ページを作るとそのページ編集か追加になる。既存ページの操作。
その既存ページ下書きだったら…?別の見解下書きのほうが第二位以下の見解になるよう)にしたい。

ページ名も含めて下書きのはずなので、適当なページ名作れればいい(自動でなく)。競合したときに優先されないようにするよりも、元から競合しないページ名にする。
ページ名に「下書き/」を含んでいればいいだけ。末尾にでも付ければいい。

特定のページ名を特別扱いしなければならない。ページ/属性の「ページ名接頭辞」のようなもの。
それなら「下書き」というページページ/属性でそういう設定をして、下位ページ継承で受け継がれるようにすればいい。ページ/名前ではなく上位ページページ/属性で実現。

アクセス制御なのでページ/権限の一部のように見えるけど「錠と鍵」ではないのでページ/属性に。

属性設定するには権限が必要。それかあらかじめこの属性設定してあるページの下位ページを作ることで利用できるようにするか。

ページ/名前に特定の文字列があるからといって特別扱いにはしない。特別扱いにするなら対応するページ/属性のあるページに。特定の属性を持つページの下位ページを特別扱いにできる。これで特定の文字列(ページ/名前のこと)を含むページを特別扱いにするのと同じことになる。

実装では使う側が気を付けるページ名が見えなくなる Edit

下書きは積極的なリンクを避ける特殊なページ
ページ/属性で実装するので、ページ下書き扱いにするのはページを利用する側。多くの処理でそれぞれが対応しないといけない。ので、ページ/属性と同様に使う側が対応する。下書きだったらページ名を通さないフィルターを併用するとか。
ページを使用する側では「最近更新されたページ」に出さないとか、クライアント検索サイトだったらnoindexにするとか。