更新量×そのの作成日時の新しさ(古さも選べるように)の累積をソートキーに使えるように。の集約である見解ごとに集計。過去検索したときは任意のの更新量が必要なので、ごとに更新量を記録しておく。普段は最新の更新量だけを使うことになる。

記法の場合、影響を受けた文字数も更新量に含める。
新しさ(古さ)の単位は秒指定でいい。
を作るごとにその範囲にある中で最も古いを選んで、更新された量÷経過時間(更新日時間の差)を評価。紆余曲折は評価しない。