排他的ロックを使うのはファイルを作るときと消すときだけ。
変更/上書きはしないのでN/A。
共有ロックを使うのはファイルを参照するとき。

ファイルを消すときだけブロックロック解除待ち)が発生しうる。

編集の衝突判定から編集完了までは最新を作らせないロックがいる。他に書き込みしたいプロセスがあればロック解除待ち。

ロック:i/ロックシステムと競合してはいけない。
→併用するならディレクトリ分け。永続化可能オブジェクトとロックシステムで扱うファイルの格納場所を分ける。