大きくても小さくてもそれぞれ適切に扱えるように。

大きなページ見出しで分割 Edit

ページにするわけではなく、異なるページ見出しを1つのビューにまとめて示するというもの。
示上のまとめ。同じ見出しをまとめる。
大きなページは書式ができあがっているもの。同じ見出しを含むことは多いはず?

見出し別のビューではページ名見出しのように見える。の行列変換のように。

UIの入口は検索など。ページの枠を越えるので、ページ内からリンクするよりも全ページを扱う場面からリンクした方がいい。見出しファセットナビゲーション(のフォーカス)として扱えば自然。ファセットナビゲーションでは重複していないフォーカスを示しないようにして。同じ見出しが2つ以上見つかった時だけファセットナビゲーション見出し示。

小さいページ下位展開でまとめる Edit

こちらも示上のまとめ。同じページ/名前をまとめる。
小さいページは雑多なもの。どこに(どういうページ/名前で)書くかという位置情報がまとめの鍵。

それぞれ分けてまとめる Edit

ページ/名前は1行目。見出しは自由にどこにでもいくつでも書ける。ページタイトルは1つめの見出し。→ :Done/ページ名とページタイトルの書き方
ページ/名前(1行目)でまとめる下位展開と、見出しでまとめる「大きなページ分割(仮)」。

1行目と見出しがドキュメントの単位。小さいページは1行目でまとめて、大きなページ見出しで分割してからまとめ。