不要。
ページは独立したものなので上位が消えたからといって下位には影響なし。ただの埋め込み
セクションは親(ページ)の一部なので、ページ諸共消える。パージ不要。セクション作成は利用者から特に意識されないし、セクション削除もページ編集の一部として見える。

孤立したページオーファン)は別途対処。オーファンの一覧を作るとか、オーファンをパージするとか。→オーファン

埋め込みされなくなっただけで、消したつもりのページが残ってしまうことがあるので、そういうページを消す仕組みがいる。
複数データを一括処理するとき、取り消しが困難になりやすいので、その対策も含めて。
時間経過かパージコマンド実行で削除する。’’通常の削除なのでそれでもまだ復帰できる’’。
時間は無限大にもできるように。→自動的には削除しないという設定になる。

リンク数ではなく、上位ページが無いページをパージ対象にする。
これはファイルシステムのフォルダーのメタファーに当てはめやすい。


下位ページ作成ユーザーに意識させなくするので、パージも意識不要する必要がある。
編集時に下位展開されれば、下位ページが孤立することはなくなる。問題は下位展開の深さに制限をかける設定の時。埋め込みだけ消すことができる。
それでも孤立ページができてしまうなら、孤立しているページ一覧を作る機能も用意。