Webブラウザーの戻るボタンを押したあとの一人衝突を防ぐには

同じ利用者が同じを元に編集したときは衝突としない。CSRFトークンの再発行があるので、再度投稿ボタンを押す必要があるかも知れない。マージ通知はせずに上書き。(通知は最後の編集分だけあればいいけど、それは無理なので毎回行なう)
履歴は普通に残す。やり直しができるように。

同じ利用者番号の噛み合わない編集したときは普通に衝突。マージして通知。上書きにはしない。やり直しとは考えられないので。「過去のを元に編集」したときは除く。

要は「利用者の想定通りになっていないことは通知する」ということ。マージしたら通知

編集、投稿→戻るボタン→投稿→衝突(一人衝突)
これを防ぐには、最新取得をページロード時にも行う。実装では最新番号を取得するだけでいい。それが読み込み済みのWikitextのものかどうか判定。

これは編集作業中にも行なっていいがうるさいので、警告のしようがない。


ユーザーエージェントの閲覧履歴を操作する方法もある。