何をやるかの道しるべ。
ログインしてすぐのページに配置。

ポータルページ

Wikiのワークフロー Edit

一人の場合。

  1. メモ(note)
  2. 書き込み(write) / 下書き(draft)
  3. 編集(edit)
  4. 公開(publish)

大勢の場合。

  1. コメント
  2. 下書き
  3. 書き込み
  4. 編集/承認
  5. コメント
    公開前のフィードバック
  6. 編集
    コメントを受けて修正。
  7. 編集/承認
    最新が公開される。

URLクエリーの列からToDoリストやワークフローを生成できるように Edit

どちらも実装は同じになる。

…のようなもの。

つまり、ワークフローは使うたびに新しいデータを生成し、ToDoは同じデータを扱う。

ワークフローランダム文字列などを使ってインスタンス生成。

クラスからインスタンスを作るように、ワークフローからToDoを作るのもいい。→ テンプレート

 

これらを生成するためのフォーム機能扱い。
いろいろと考えられるので。

ワークフローは回覧板 Edit

ページを使った回覧板。一度を通してもらえばいい文書なので、用が済んだらアーカイブ。アクセス制限は特に変えず、次に読ませたい利用者通知する点が特殊。
回覧板が作られた時点で回覧先全員に通知。最初に読ませたい人にはさらに「順番が来た」という通知。状態が変わるとさらに次の人に通知
どう状態を変えるか??
UIはチェックボックスかコメント追加と同じもの。回覧板用というわけではない通常の要素。

関係者に送る通知に、特定要素内の未済項目の中で一番上の要素(が自分かどうかを判定した結果)を返すようなデータアクセスURIを含めなければならない?それが通知一覧に示する情報になる。
「次の回覧先に通知する」というよりは「自分の番か調べる」方式で。回覧板が作られた時点でそういう仕組を有効化する必要がある。
判定は通知を受ける側で。未済項目の中で最初の要素を得るフィルタリングは要素側でも、通知を受ける側でもどちらでもあり得る。通知を受ける機能の方に回覧板特有のコードが必要?

通知内容(文章)はどこで定義されるのか?
→ 自分の番か判定するところで。つまり通知を受ける側で。

メッセージ設定に属するもの。回覧板関係の設定ページから取得する?

回覧板はn枚綴りのチケット Edit

チケットの属性は…

  • 誰に(どのグループに)回すか?
  • 複数の進捗ラベル
    ワークフローの工程を示す。このラベルの数だけ回覧される。

進捗ラベルは「次に何をするか」を示すもの。タスクの状態。人の手を渡るたびに再設定する(基本は次の工程になる。工程順はチケット作成時に設定済み)。