属性」というページを持つページ属性ページ。あるページ属性領域は、そのページ名に「/属性」と付けた下位ページ
権限領域なら「/権限」という語を持ち、ページ属性」のページ
両方をまとめて1つのページにしてもいいかも知れない。それを参照する処理によってページ名は決まるので、属性領域は複数作れるようにしたほうが拡張しやすい。

:i/ページ属性は特別に用意された属性領域に書く

権限領域権限も必要なので Edit

属性領域の数を決めてしまうと%属性領域をページの一部にすると%、属性領域を編集するときの錠を書く場所がなくなる。

複数の属性領域を同じページに書くと、属性領域別に権限(錠)を与えることができなくなる。

属性だけで1ページにすべき。「属性領域の属性領域」も作れるようになる。

/ページ名/属性/属性
…が属性領域の属性領域。
/属性
…というページに「編集(錠)」を…
/属性/属性
…というページに「属性編集(錠)」または「編集Lv2(錠)」を与えると、属性/継承によってスペース内全ページにまとめて権限設定される。
/属性
…にまとめて書いても同じ。(/属性/属性にも継承されるので)

あるページ編集するときに、そのページ名に「/属性」を付けたページを参照して、権限(錠)を集めることになる。
あるページ属性領域を編集するなら、そのページ名に「/属性/属性」を付けたページを参照することになる。

:Done/属性領域の属性領域の属性はどこに書くのか?

仕組み Edit

継承ページが「属性」の場合に行われる。

ページ属性」でそう定義するので、その下位ページも(継承によってページ名に含まれる「属性」という特別な語によって)同じページになる。ページ属性のひとつであり継承対象
…というのは「継承しないと継承の起きるページか分からない」ので不可能。ページを決めるために継承がいる。それを行なうかはページによって決まる
継承処理を2段階に分けて解決。第1段階でとにかく継承。その結果、特定のページを持つと判明したページで、継承を有効/無効にする。ページ継承だけを特別に先に行なうのと同じこと。