Markdownを入力するHTMLコンバーターや、HTML編集アプリの出力でも、管理者編集できるページにすれば問題ない。
よそのアプリでHTMLを生成するのはテンプレート作成用。ただページを作るのならテンプレートの空欄に普通に書き込めばいい。

通常のHTML編集アプリの出力はそのままでは使えないので、インポートしやすさよりもWeb上での編集しやすさを重視して。
Wikiページ内で定義できればプレビューで実際にどうなるか見ることが出来る(プレビュー画面だけ?)