ページ/裏はシステムが書く属性の集約。
記法(定義リスト<dl><dd>でいい)を使うが、文字列で書くのではなくページ/要素にパラメーターとして属性を与える。それを記法化(ToNotationText)

それを行なう前に…まず読んで(ページ/属性を読むのと同じ)、そこに値を追加、または既存の属性定義要素とマージして。
マージは属性定義要素の独自メソッドでいい。他の要素でも必要なら実装しなくてもいいI/Fにしておく。

そのマージした要素をどうページに組み込むか…属性読み込みに使ったセレクターから属性を持つ要素の親要素を得て、その子要素を置き換え。ページ永続化すれば書き込み完了。

セレクターを書き込み先にしてもいい。指定した要素に自身を書き換えてもらう。要素を削除したいときは、その要素に永続化拒否フラグを付けるだけ。次の永続化で消えることになる。