段落ごとに編集する形にするなら、
ページ要素を編集するエディターは2種類。
要素別に考えられた最適なエディターと、プレーンテキスト化して<textarea>で書き換えさせるプレーンエディター

例えば、箇条書きを編集するためのアウトライナーと、箇条書きを適当な記法系で書き換えられるようにするプレーンテキストエディター

内容を記法化できない要素の場合、最適なエディターでは内容を編集、プレーンテキストではそのリファレンスとなるNotationTextを書き換え。リファレンスを書き換えて、複数の場所に同じドキュメントを配置することも可能。

p要素の場合はプレーンテキストエディターが最適なエディター
:i/段落もページ要素