新着一覧がSPAMに脆弱。新しいだけでトップページに載せるのはよくないTwitterのようにSPAMが無意味になる仕組みは作れない?

SPAMではないと承認されたページからリンクされていれば各種一覧にも載せる。それまでは承認期間のと同じ扱い。

承認期間がその対策だったはず。自動的に終了、承認される。


承認されたページ Edit

承認されたページとは?同名ページ群の内外2つの観点で考える。

投票で判定 Edit

ひとつは同名ページ群内で得票の多いページ。何点以上を承認とするかはフレームワーク/WikiEngine設定による。

リンクで判定 Edit

もうひとつは承認されたページから明示的リンクリンクされているページ名自動リンクは既存ページのどれにでもねじ込めるので認めない。ページではなくページ名なのは、リンク先はページ名同名ページ群)なので。

でも承認されたページからリンクされているのは承認されたページ名同名ページとしてSPAMを投稿できるので、リンクを承認の根拠にはできない。投票リンク先には影響させない。

でも承認されたページからリンクされているのは承認されたページ名同名ページとしてSPAMを投稿できるので、リンクを承認の根拠にはできない。投票リンク先には影響させない。

承認されたページからの明示的リンクは、ここでは使わない。

そうなると得票の多いページしか新着一覧に載せられない。新着でなくなってしまう。新着一覧からSPAMを排除するのは無理??

承認されたページを判定する他の方法は? Edit

投票SPAM対策のためにするのは手間が掛かりすぎる。代表ページを決める投票SPAM判定にも利用するといった「流用」がいい。
何かの流用で、SPAM投稿がされた時点から有効な方法は??

3つのケースそれぞれの対処方法 Edit

  • 新しいページ名SPAM投稿された場合
    リンクされていないので無害で誰も気付かない。気付くのはすべての更新をウォッチしてる管理者くらい。新着一覧があるとそこからリンクされて有害。ページを削除すれば済む。
  • 既存ページ名で(同名ページとして)SPAMが投稿された場合
    投票されていないので無害。そのページ名をウォッチしている人の目には触れるので、対処はしてもらえるけど、いるとは限らない。ページを削除すれば済む。
  • 既存の代表ページが更新されて、それがSPAMだった場合
    承認期間後にWikiの一部として公開されるので有害。歴代編集者はウォッチしている可能性が高いので、承認期間中に誰かが気付く可能性は高い。防止するには作成者だけが編集できるルールで運用すること。ページ履歴を使ってリバートすれば済む。そのページ編集権限が必要だけど、SPAM投稿者も編集できるくらいなので問題ないはず。

:i/SPAMと正当な新コンテンツの差 Edit

利用者がどう判断するかが差。システムができるのはその支援まで。承認期間中でもSPAMかどうかの判定は即反映される。(承認期間は継続)

コメントの追記に対しては? Edit

既存ページに追記するのは誰でもできる。他人のページ編集不可でも追記は可能(にしないとWikiにならない)。
そこにSPAMが投稿されたら?
コメント1件が1ページSPAMページSPAMコメントは同じ扱いにする。

コメントページなので、承認期間があるし、前述の承認方法も使える。

:i/スレッドモードのコメントもページ

特定のページに追記されたように見えるコメントも、実はページ名+「/コメント」というページの下位ページコメント追記は下位ページ作成

結局 Edit

:i/SPAM対策はbotだけを対象に
CAPTCHAでいい。防ぐのはbotによるSPAMだけでいい。人力SPAM人力で対処。システムはその支援をする。
TwitterのようなSPAMが無意味になる仕組みでなくてもいい。

:i/一覧はSPAMに弱い
新着一覧がSPAMに弱ければ、トップページに載せない。コメントの新着も一覧に載せない。一覧さえ無ければ、投票SPAMを排除できる。

一覧は見たい人・知ってる人だけのものにする。
Wikiは新しさだけがコンテンツの価値になるようなサイトではないので、新しさ以外の指標でコンテンツの表示順を決められる。それがSPAM対策にもなる。