アウトライナー(アウトラインプロセッサー)なら書けばそこへのパスは作られる。
Wikiならページを作るたびにリンクをしないといけない?
検索自動リンクがある。アウトライナーでも検索を使う。特に優劣はない。

アウトライナーと比較 Edit

構造の違い Edit

アウトライナーのノードも、Wikiのページ名も単行テキストの一覧にできる。その中に長文を書くこともできる。
違いは階層構造にするかしないか。

  • 階層構造にするのがアウトライナー
  • 「階層にすべきでない」と言われているのがWiki.

Wikiでも階層構造にして、位置を頼りに探索する使い方をすれば、書くだけでパスが作られるアウトライナーと同じことになる。

順序の違い Edit

あとは順序。

  • Wikiのページ一覧はソートされる。
  • アウトライナーにソートはない。利用者が順序を決める。

Wikiでも書いた通りの順序でページ一覧が表示されれば、アウトライナーのように階層化しやすくなるはず。

その方法は?
→ 一覧を自動生成しない。手作業で更新。過不足があることを通知するだけ。
もしくは自動生成とピン留めで、過不足のない一覧と順序指定を両立。順序指定された一覧の下に不足分を列挙。存在しないのにピン留めされたままのページには打ち消し線を引く。

アウトライナーの特徴を取り入れるには Edit

階層は順不同パス。順序は下位展開