→:植物の成長とWikiの差分表示より

  • ログとRSS…パーマリンク向き
  • Wiki…パーマリンクは不向き
    URLに対応付ける情報が動的なので。URL1つ開いただけでは文脈も見えない。

でも文脈が見えなくなるのはブログでも同じ。RSSから来た人や、検索から来た人には文脈が見えない。
ログの場合はそれまでの話を前置きして、文脈を知る方法を示せる。「カテゴリー」「シリーズ」といったつながりにして目次化。
タグ」もあるけどこちらは文脈を作らない断片であることが多い。タグ検索で得られる情報はWiki的。

読むための構成 Edit

Wikiもサイトを分割したり、ページをひとつながりにすればいい。読むための操作。読むためのノート
読むときに編集。それをシステムが支援。いつの間にかつながりの見えるような編集されたページ構成になるように。

読むための動的なページ構成ができて、読む側がページ構成を選べればいい。MSDNのPDFエクスポート機能のように。
1つのコンテンツに複数の文脈
下位展開ではその一部を実現。

検索ページ構成を変える機能。階層構造を一列に並べる。スレッド化。
サブセットWiki検索でWikiを作る機能。読み手のための文脈生成をするサブセットWiki。…でWikiのRSSを有用化。
:i/文脈依存検索文脈を生成する。

読むための切り口 Edit

記事の切り口は書き手次第。でもそれは単一ページ内での話。
ページを読む順番は読む側次第。それもひとつの切り口になる。パンくずリストも切り口のひとつ。その順序でページを並べられるなら、読むことが編集作業になる。

切り口はファセット検索でのファセットナビゲーションでも切り口を提示できるのでは。
書き手が用意した中から選ぶ読み方。1つのコンテンツでも複数のコンテキスト。
複数のコンテキストで読まれるコンテンツの作り方(書き方)。構成を選択可能な書き方。Wikiはゲームブック。

文脈生成方法 Edit

Wikiは単語を選んでいく読み方。選び方で文脈ができていく。その記録がパンくずリスト

それ以外の文脈生成方法…

  • 表示範囲の限定
    Excel文書で、関心のある範囲だけを表示するようなこと。
    サブセットWikiでもこれはある。
    例えば検索結果。目次バックリンク一覧のようなページ名の一覧も。
  • どんな文書間の囲み記事(コラム)として読むか
    読む順番。
  • 検索結果の順序も文脈を生む
    これも読む順番に関わる。

Googleはネット全体から文脈を生む。
「Web検索から来た方のために…」という書き出し方がある。正しい文脈を教える書き方。
「ソーシャルメディアから来た方は…」というのもある。引用から来た人向け。
ようするに途中から読む人向けの「前回までのあらすじ」。

それをもっと柔軟に、自動的にしたい。

リンクのつながりを壊さずに検索結果に表示できればよさそう。目次の次(多数のリンクを持つページリンク先)検索結果上位に載せたい。

他には特定の(書き手がそうと決めた)タグを持つページ検索結果上位に。検索で常時適用される隠し条件でタグを指定して。(書き手が管理者であること)
検索結果上位…または通常の検索結果とは分けたそれ用の枠内(スポンサードリンクのようなもの)に。

文脈は複数ある Edit

同じページを何度も書き直すので、異なる文脈が何重にも重なることになる。
そのうちのひとつを見せるか、すべてを混ざったまま見せるか。

見出しごとに何かをすれば文脈の重複を解消できるのでは?

ページ/履歴ごとに、その班ができた作業(どの作業内でその班は作られたか) → 同じ作業で作られた差分

…が見えれば、文脈の重なりも把握できるのでは。

作業内容と関連付ける Edit

この文脈とは「何のために編集したか」。あるページ編集に伴う整合性維持のための編集といったこと。それなら日報から、その日編集したページ(の差分)にリンクしておけばいい。その逆リンクがあれば、編集されたページ→日報→文脈つながりのページといったように、各ページから文脈つながりのページを見つけられる。

「いま何してる?」を設定してからその日の作業を開始。作業名を書き換えるまでに編集・閲覧したページ文脈をなすページとして扱われる。…というのは?
設定が変わった前後の作業は、前後どちらにも属すような、境界を曖昧にした関連付けにして設定し忘れに対処。
編集中にも「何してる?」の表示をして、変更も可能にしておけば、利用者に適切に変えてもらえそう。作業ラベル、または作業コメント、もしくは作業タグ

何してるか尋ねず、全ページの変更履歴をグルーピングするだけでも良さそう。その場合はページ/履歴から全ページの変更履歴(の当該箇所)にリンクしておく。利用者はどのページがどう変更されたかを見て、どんな作業だったか推察できる。

作業ラベルはMediaWikiでの「編集内容の要約」のデフォルト。ごとのコメント。名目は「ここで何か一言」。ページを越える作業内容でもいいし、編集内容の要約でもいい。ページ/履歴の一覧にも表示することで、「どんな利用者がどんなノリで編集しているか」が分かるようになる。コラボレーションを実感。