利用者がしたいことは「データ入力」ではなく「情報入力」。Wikipedia:Category:記事のスタイルについてのガイドラインのようなことは気にしたくない。
入力は出力のため。実際には「検索できる形式で入力する」ようなことになる。そしてその形式は情報入力というよりもデータ入力。

それは例えば、情報+タグリンクなどのデータ。両方使用。検索できるデータに情報を結び付けている。

これを情報だけにするには…?ページ内容だけで検索可能にするには?タグといった検索用の関連情報を不要にするには?
自然文検索は情報から検索用データ生成、その検索用データを使って情報を引き出すもの。

書き手しか知り得ない情報 Edit

情報は必ずしも文章内に現れない。それを書いた利用者自身が想起したり連想して得られるもの。書いた時に考えていたこと。ほかの利用者が読む場合なら勘違いや読み違いで得られる情報もある。

あと感情/印象などの主観的な情報検索できない。

書き手しか知らない記憶を呼び起こせるシステムとは?

新しいページから古いページリンクXリンクは双方向なので、古いほうを思い出せれば新しいのも見つかる。
古いほうはおそらく繰り返し思い出すこと。一般的に「カテゴリー」や「タグ」と呼ばれるものに近い。思い出すきっかけになるページ
新しいページに関連するページを探すことが、書き手の意識内にタグを作ることにもなる。

メタデータは誰かが作る Edit

wikiなので、すべてを自分でやらなくてもいい。メタデータはみんなで作ればいい。

理想的なのは、みんなが自分のために(利己的に)検索しやすくすると、自動的にみんなにとっても使いやすくなること。読み手の整理が、書き手のつじつま合わせにも役立つような。:t/利己的なことを同名ページに書いておくと、それが代表ページになったり、代表ページにも参考にしてもらったり。

上位と下位 Edit

色々なページから参照されているページは上位の曖昧な内容か、いろんなことを網羅する内容のはず。ページ(参照単位)ごとに概念的か具体的かを評価。検索結果1件ごとの上位と下位を示したい。