ページセット取得記法 Edit

ページセット->関連名リンク先の集約(ページセット
ページセット<-関連名バックリンクページの集約(ページセット

RelatedTo, RelatedFrom
関連先記法、関連元記法

リンク記法バックリンク記法
参照先、関連元、参照元、
見ているページ、見られているページ

Referenceto, Referencefrom?

ここ->編集権限(錠)<-編集権限(鍵)
ここ->編集錠<-編集鍵
ここ->編集時に要求<-編集時に行使

…でこのページ編集できるグループ、

グループをあらわすページセット->下位
グループをあらわすページセット->メンバー
グループをあらわすページセット<-上位
グループをあらわすページセット<-グループ

…で人(をあらわすページ)の集合が得られる。ユーザーページ化されている。
このページの「錠」関連が複数あっても対応する人すべてが分かるように。

セクションリーダー記法(節読み記法 Edit

ページセット.セクション名 → 指定したセクション以降の要素リスト(リスト、順序付き)
要素0番がセクション、なのでユーザー視点の最初(1番)が使いたい要素になってちょうどいい。

ページではなくページセットなのは他の記法の結果を受けられるようにするため。
※指定に合致する要素やページが複数あれば、結果も複数。入力が複数要素なら全てを同じように繰り返し処理。

いらない Edit

これは検索の旧方式。
権限判定ならコード内で行なうので記法いらない

ページに書きたい場合は、検索の旧方式を要素化して。リンク関連名でフィルタリング。得たリンク要素から先/元いずれかのページを集めればページセットになる。

†セレクター記法[?]