編集など、ページ属性を変更する操作は自身が全て行なう。(自身とはインスタンス)
他から変更したいときは、指示を対象ページにキューイング。そのページは最新状態をリクエストされるまでに自身を変更すればいい。キュー出し/入れはフレームワーク/WikiEngineで。それを呼び出すのはページクラス。ページだけのものではないので。
ページの参照は自由にできていい。普通にロックを掛けて読むだけ。
編集遅延処理ページに手を加えるにはページごとに{属性→値}という形式で指示をキューイング。適当なときに処理。
最新が必要なときはそのページを呼び出して、最新になってもらう。これはページの特殊な参照方法。衝突したか知らせるために、編集後のレスポンスには最新が必要。それまでに更新しなければならない。

→仕様変更したので、もういい
追記だけで変更していけるので、それ自体がキューのようなもの。