ページが作成・閲覧・編集・削除されたときに何かをするプラグイン

ルートテンプレートに書いておくだけ
不適切な状況も含めて呼ばれるので、プラグイン内部で状況判断
プラグインに任せられるし、機能する条件をプラグイン側で用意できる

状況判断の情報元はリクエストURL

ユースケースに依らないので不要 Edit

ページ/要素が呼ばれるのはそのページが使われるとき。利用者ページをどうしようが同じ経緯で呼ばれる。
そのときに要素側が状況を読んで処理を変える。要素側のコード次第。

フックいらない

状況を読むための情報…クエリー文字列など…に個々の要素が依存することになる。